株式投資を始めます

2019年8月2日

お疲れ様です。
5年ぶりにブログを書きます。

近況を報告しますと、ここ数年は専業アフィリエイターとして働いてきました。

ですが最近はgoogleさんに嫌われっぱなしで、収益は下がりっぱなしです。
この先も明るいニュースは無さそうな気配。

とは言え、家族が路頭に迷わないくらいの利益はかろうじてあります。
今までの経験を活かせば、あと何年かはアフィリエイトで食べて行けそうだとも思っています。



しかしながら…。
モチベーションは皆無に等しくもあり。
今でも1日に何時間かは、記事作成をしていますが、ハッキリ言ってかなりの苦痛です。
思い起こせば、アフィリエイトを始めた当初から記事を書くのが嫌でした。

「じゃあライターを雇えばいいのでは?」

そういう意見はごもっともです。
が、自分はそれで一度失敗しており、今後も極力避けたいと思っている所存です。

「じゃあ就職したら?」

まったくの正論です。
google様の取り締まりが厳しい昨今、専業アフィリエイターの中にはサラリーマンに戻る方もいるかと思います。
ですが、社会不適合者の自分としてはサラリーマンこそ最も避けたい道なのです。

「アパート経営でもしたら?」

確かにそうした道に進む人もいるでしょう。
ですが社会不適合者としては、住人トラブルに巻き込まれるのは避けたいですし、管理会社を挟むにしてもそのやり取りが苦痛になりそうで。

「youtuberになったら?」

無理です。

「何かビジネスでも」

社会不適合者としては(ry

そこで本題です

株を始めることにしました。
ちなみに全くの初心者です。

「無謀」との声は重々承知しております。

しかしながら、家から出たくない症候群の身としては「最も適した収益源になるのでは?」と思っているのです。
もちろん「自宅に居ながら不労所得」を夢見て散った方々が多数お見えになるのも承知しております。

最近の老後2000万円問題や、はてなブックマークの話題に影響されたのもまたしかり。

「老後2000万円必要」とリスクを煽る新聞社がセットで紹介しない、私がお勧めできるネット証券会社と投資商品
お金の話について(ヨッピー)

株式投資では「他人に影響されるのはご法度」というのも心得ております。

しかし、ほど良い刺激と引き金になってくれたなとは思っています。
株式投資は一度やってみたいと思っていましたし、貯めこんだ資金を放置しておくはもったいないですし、人知れずコツコツやるのも性格的にも合っているのかなと。

投資手法

株式投資と言っても、その手法にはいろいろとあるようです。

個人的には2つの手法を同時並行する予定です。

・投資信託(インデックス)
・システムトレード

投資信託について

投資信託はプロにお金を預けて運用してもらう方法です。
その中でもインデックスというのは、預けたお金で市場の株を平均的に購入してくれるそうなので、比較的安定した投資になるようです。

つまりは普通に株を買うよりは、ローリスク、ローリターン。
もちろん損することもあり得ますが、平均的な利回りとしては年間でプラス2~7%とのことで、貯金するよりも断然お得です。

しかも最近では購入手数料が0円だったり、運用手数料が0.1%くらいだったり、かなりお値打ちな様子。

調べた限りでは、リスクとリターンの関係として「個別株(ハイリスク・ハイリターン) > 投資信託(普通) > 債権(ローリスク・ローリターン)」といった感じなのでしょうか。

(ちなみに仮想通貨は「投資ではなくギャンブル」と、どこかに書いてありました)

お恥ずかしい話、個人的には「投資信託=怪しい」というイメージしかありませんでした。
銀行のセールスに騙されて買うものだと思っておりました。
しかしながら最近では、中長期的な資産運用には、欠かせないものになっているご様子。

銀行で買うと手数料がバカ高いそうなので、もちろんネットで買います。

投資信託の資金

直近では投資信託に資金を多めに割り振ろうかと思っております。
NISA(5年くらい利益が非課税)についてもフル活用する予定でして、自分だけではなく、年内には家族分も口座開設できればと思っております。

システムトレードについて

システムトレードは個別株を運用するときに採用する予定です。

またまたお恥ずかしい話、システムトレードと言えば「自動的に株を売買するツール」みたいなイメージでした。
スパムメールでよく届く「寝ている間に億万長者」みたいな。
ですが実際には「一定のルールを作って運用する」という、とても理に叶った方法だと知りました。

どのツールを利用するかはその人次第。
自作する人も多いようですし、エクセルでやっている人もいるようです。

あくまでも一定のルールを作って、それに従って投資を行う、というのがシステムトレードという手法のようです。

先ほどの「投資信託(インデックス)」も一定のルールに従って資産を運用してくれるそうななので、たぶんシステムトレードなんだと思います。
だから人件費が少なくて済み、手数料も安いのだと。

ちなみにシステムトレードの対義語となるのが、アクティブ投資です。
人が独自に考えて、株式を運用する方法です。

株式投資と言えば、これが思い浮かびますよね。
成長しそうな企業を調べたり、世界情勢や経済状況のニュースに一喜一憂したり。

ですが、1つのニュースがどの株にどんな影響を与えるかを判断するのは、プロでも難しいのだとか。
株価が上下するのは、様々な変数によって起こりえるから。
手軽さゆえに初心者が手を出しやすい手法ではあるものの、素人がやればそれはギャンブル。

長期的な成績で見ても、人が考えるアクティブ投資よりも、ルールに従うシステムトレードのほうが、良いのだとか。
さらにシステムトレードには、投資で大きなデメリットとなる、個人の感情を排除できるメリットもあるようです。

個人的にもそうしたルールを作るのは好きですし、それに従うのも好きです。
元プログラマーですし、pythonでゴリゴリとシステムを作れたらなと思っています。

システムトレードの資金

システムトレードにて投資する金額は、まず小額から。
本物のド素人ですし、証券会社のホームページを見ても、単語の意味すら分かりません。
だからこそ、手を動かしながら覚えていこうかなと。

何事も最初は小さく。
テストをしながら徐々に大きな金額にしていければと思っております。

全体としてどのくらいの資産を投じるか?

最終的には、1年分ほどの生活費を除いて、今ある貯金を投資に回したいと思っています。
もちろん有事の際には、すぐに現金化できるように。

自分は小さな会社を持っており、そちらの資産は手を付けずに行こうと思っています。

あくまでも個人資産のみ。
(法人だと税金も高いですし)
(会社の資金は、税金を考慮しながら少しづつ個人に移していきたいです)

・投資信託(低リスク)=多めに投資
・システムトレード(中リスク)=少な目から

投資スタンス

「安全第一」です。
個人的な性格として、超が付くほど安定主義者です。

宝くじやパチンコなどの、ギャンブルはほぼやったことありません
少しだけ競馬をやったことはありますが、全く面白く感じませんでした。

運よく大金を手にするよりも、継続的にお金が入ってくる仕組みを作る方が好きです。
株式投資でも、そうした仕組みを作りたいと思っています。

もちろん家族が路頭に迷わないよう慎重に。

アフィリエイトはどうするか?

アフィリエイトは続けていく予定です。
今の所、唯一の収入源のため、できるだけ長く維持していきたいです。

ただしアフィリエイトの終焉はいずれ来そうな気がしています。
google的にも、世の中の流れ的にも、個人的なモチベーション的にも。

いずれ来るかもしれないその時のために、投資で生計を立てられるようになりたい、と思っております。

ちなみに株式投資で影響された書籍は以下2つです。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
マンガ パチンコトレーダー システムトレード入門編

ザックリとした内容は「安全に資産を増やす」みたいな感じで、個人的にはとても良かったです。

このブログについて

今後はこのブログで「収支報告」や「今やっていること」を書こうと思っています。

目的としてはモチベーションの維持です。
人に見られていると手が動くタイプなもので。
サラリーマン時代は、上司に睨まれていると集中できるタイプでもありました。
アフィリエイトの記事も、家では集中できないため、外で作業するのが日課です。

ブログでアフィリエイトを貼るのは考えてないです。
あくまでも投資のためという位置づけです。

ではでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近の人気記事

簡単にできた。人の欲求からアイデアを考えるマーケティング手法
「まとめる」ことで思考力は加速する!「思考の整理学」要点
プレゼンやブログが伝わる文章の基本。良書に学ぶ「書く技術」
潰れゆく商店街から学ぶ「売れないお店の法則」
ちょっとした工夫で利益を上げる「入口」の作り方
アイデアを大量生産できる最強のフレームワーク「オズボーンのチェックリスト」
お客の心理を操れば売上があがる!26の心理サイトまとめ
「店潰れた。死にたい・・」脱サラして地獄にハマらないお店の作り方
何でやらないの?繁盛店がやっている 本当に売れる「AIDMAの法則」

このページの先頭へ