【週報 第1回】資産運用の週報を始めることにしました

2019年8月21日

ポートフォリオ




投資信託を中心に20万円ほど買いました。
楽天ポイントが15万ほど貯まっていたので、それをフル活用。



個別株は試しに買っては売ってをやってみました。

収益的には7000円ほどのマイナス。
売買を始めてすぐに世界的な株安に巻き込まれる。
日本は令和最大の下げ幅だったらしい。

「積み立て投資なんて面倒」「買うなら一気に買う!」と思ったいたけど、投資信託といえども、時期をずらしながら買った方が、リスクは少ないと知る(ドルコスト平均法と言うらしい)
他にも購入までのレスポンス、隠れコスト、解約時の手数料など、買って分かることもあった。
「目論見書」は、利用規約みたいなものだと思って読み飛ばしていたけど、しっかり読んだ方がいいと思った。

NISA

一応NISA口座を作った。

デイトレ気味に利用しようと思っていたけど、ルールをしっかり読んでみると、完全に投資信託向けなんだなと。
それにあまり節税にならない気もする…。

例えば120万円入れて年5%運用の利益6万円だったとする。
でも利益20万円までは申告不要だから、NISAじゃなくてもよさそう。
積み立てが進んだ4年目、5年目には節税になるだろうけど、大した額じゃないなと。

インデックス型の投資信託は「無分配型」が多いから、6年目に一気に税金取られるのを回避できるメリットはあるのかな?
これについては調べてみる。

まあNISA以外の株利益があれば、1年目から節税になるだろうから、NISAを使う予定ですが。

株トレード環境(作業)

楽天証券に口座を持っていましたが、投資信託とシストレで口座を分けようかなと。
・楽天証券=投資信託
・シストレ=SBI証券

分ける理由としては、投資信託は中長期の投資になるのに、気になって毎日値動きを見てしまうため。
できる限り放置して考えないようにしたい。

・SBI証券に口座開設
ネットでサクッと。
信用取引も審査通りました(楽天は落ちた)

読書

パチンコトレーダー1巻~5巻
坂本タクマ氏のシストレ漫画。
面白い。
年間20%運用していて、資産3倍。シストレをやりたい気持ちが強くなった。
しかし5巻でドローダウンになり、年10%のマイナス。しかも解決の光が見えず。怖くなった。
続きが非常に気になる。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
アマゾンのkindleで無料だったので見た。
「インデックス型の投資信託が最強!」という内容だった。

オーディオBOOK

本を音声化して聞くというやつ。
株に関する知識が圧倒的に少ないため、とにかく情報を詰め込もうかなと。

ただしオーディオBOOKは買うと高いので、株系のyoutubeをMP3に変換。
車に乗っているときにラジオ代わりに聞いたみたら、なかなか良かったので続けてみようかなと。

読書に関しても、とにかく数をこなして、知識を増やすのを目標に。

シストレ開発環境

・株システムトレードソフト「イザナミ」
試しに使ってみた(1週間くらい試用期間あり)
デフォルトで入っている売買ルールが期待値3%くらいあってビックリ。
本当なのか…?

全体的なシステム概要は何となく理解。
自作するのは大変そうだと感じた。
ただし自作しなければできない事も分かった(テストの自動化など)

・サーバ準備。
使っていなかったVPS(サーバ)にpythonインスコ。
システムは、ローカルPCで動かすと重くなるだろうから、外部サーバで動かす予定。

記事作成

1記事.
投資信託の「分配型、無分配型」はどっちが得か?

来週の作業

・投資信託
100万円追加。

・シストレ
SBI証券に10万円入れて、個別株を買ってみる(サイトの使い方を学ぶ意味で)

・シストレ環境構築
VS code(IDE)の環境構築。コーディングできるまで。

・記事(2本)
NISAの節税効果について
その他未定

・読書(2冊)
ウォール街のランダムウォーカー(現在読書中)
株とpython(現在読書中)

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近の人気記事

簡単にできた。人の欲求からアイデアを考えるマーケティング手法
「まとめる」ことで思考力は加速する!「思考の整理学」要点
プレゼンやブログが伝わる文章の基本。良書に学ぶ「書く技術」
潰れゆく商店街から学ぶ「売れないお店の法則」
ちょっとした工夫で利益を上げる「入口」の作り方
アイデアを大量生産できる最強のフレームワーク「オズボーンのチェックリスト」
お客の心理を操れば売上があがる!26の心理サイトまとめ
「店潰れた。死にたい・・」脱サラして地獄にハマらないお店の作り方
何でやらないの?繁盛店がやっている 本当に売れる「AIDMAの法則」

このページの先頭へ